つうか、結局PebbleKit JSってなんなんすか?

CLOUDPEBBLE上で動作させてると、どこで何が動いてんだかよくわからなくて、PebbleKit JSは結局なんなのかわからんままに完了してしまった気がします。

何が起きてるのかの仕掛けは、ひとりぶろぐさんのところの図がわかりやすいですね。

http://hitoriblog.com/?p=23706#more-23706 の図です。)

Cで作成したアプリプログラムはPebbleにインストールされ、JavaScriptで書いたプログラムは、スマートフォンのPebble管理アプリ内に格納されるのですね。そしてそれぞれが通信しあう。この連動は熱いな。

JavaScriptだけで開発できるSimply.jsも気になります。これは、CLOUDPEBBLEのSDK 3だと、まだ使えないみたいです。SDK 2 ならOK!


あれ?そういえば、Appleは、AppStoreのアプリに対して、外部からダウンロードしたコードの実行を制限してたような気がするな…と思ったら

Pebble 2.x を取り巻く開発環境
http://qiita.com/makoto_kw/items/e728d74faca469ab0310

PebbleKit JS

・ただしAppleがインターネットからダウンロードしたコードの実行を禁止しているため、iOSでは回避策として全てのWatchappのJS コードをPebble appに含めるという方式をとっている。したがって公式のPebble appが更新されるまでは利用できない
・このPebble appの更新日は Pebble JS Bundling Updates で公開されている

すごい力技で対応していた…。Pebble JS Bundling Updates は、まだ更新されていたので、この状況は現在でも変わってないってことなのか。まじかー。テストで実機の動作確認とかどうやるのかな?実際にiPhoneと連動確認できないよね。PCでの開発環境でしか確認できないってことか。



コメント投稿は締め切りました。