PlotClock と ESP32_Faces を1つの M5Atom でコントロール

PlotClock のコントローラにしている M5Atom Lite、まだGPIO端子に余裕があるので、I2C接続の OLED を繋いで、ESP32_Faces を動かしてみました!

全部 M5Atom Lite からコントロールできて、いい感じです!OLEDの接続は GROVE 端子から行っています。(GND / 5V / SCL:G26 / SDA:G32)

がんばって書いた「水の呼吸!」

ちょっと配線がごちゃごちゃになってきました。

プログラムはこちらですー。

shikarunochi / Plotclock / PlotFont / PlotFontWithFaces /
https://github.com/shikarunochi/Plotclock/tree/main/PlotFont/PlotFontWithFaces

Faces の処理は、コア指定でマルチタスク化しています。

xTaskCreatePinnedToCore(faceLoop,"faceLoop", 1024, NULL, 1, NULL,1);

これで、以下の処理を実行しています。

void faceLoop(void *pvParameters){
  while(1){
    face.Behavior.Clear();
    face.Behavior.SetEmotion(eEmotions::Normal, 2.0);
    face.Behavior.SetEmotion(eEmotions::Happy, 1.0);
    face.Update();
    delay(10);
  }
}

マルチタスクのやり方は、こちらを参考にしました!

M5Stackでマルチタスク処理を実行する
https://qiita.com/nnn112358/items/733b5f52957980bb9fb1

顔の部分、ロボットっぽい外装を作ってあげたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。