Wio Terminal:SDカード使おう

SDカード使ってみます。

Reading/Writing from the SD Card
https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-FS-ReadWrite/

こちらに従っていけばOK。FSライブラリはベータ版があったので、そちらをインストールしました。

ちなみに、SD.begin(SDCARD_SS_PIN, SDCARD_SPI) で使っている SS_PIN=64 でした。


SDカード上のフォントデータ表示やってみます。

Displaying Anti-aliased Fonts
https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-LCD-Anti-aliased-Fonts/

使用するフォントデータは vlw 形式。M5Stack でも使えるようになっている形式のフォントですね。

この形式のフォントデータを使うためには、Arduino ライブラリフォルダにある User_Setup.h の #define SMOOTH_FONT を有効にしておく必要があります。

日本語フォントは、下記のサイトで公開されているフォントを使わせてもらいました。

M5Stack の LCD に TFT_eSPI を使って日本語フォント “源真ゴシック” で表示する
https://qiita.com/ma2shita/items/fef1608fc9cf3a7bd46a

フォントデータをSDカードに置き、loadFontで読み込んで、表示するだけです。読み込んだままだとメモリ圧迫しそうなので、必要がなくなったら unload しましょう。

tft.loadFont("Apple-Chancery-24");
tft.setTextColor(TFT_RED,TFT_BLACK);
tft.setCursor(0,0);
tft.println("Konnichiwa");
tft.println("Sayonara");
tft.println();
tft.unloadFont();
tft.loadFont("genshin-regular-32pt");
tft.setTextColor(TFT_GREEN,TFT_BLACK);
tft.println("こんにちは");
tft.println("さようなら");
tft.println("漢字も出るよ!");
tft.unloadFont();

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。