Surface Pro 2 か、QH55/M(直販モデル WQ1/M)か?

Windows 8.1タブレットが、たくさん出てきています。

Surface Pro、初代モデルは電池もちがイマイチみたいでしたので、2代目で省電力チップセット採用になってからが勝負だと思っていました。そしてそれが出ました。

 さらに、そこにあらわれたQH55/M。QH55/Jの後継!後継が出ることにも驚きだけど、かなり攻め込んだスペックにさらに驚きです。
両方で、想定しているターゲットが異なると思うので、比べるのは土俵がちがうのですが…いや、僕が両方とも気になってるわけだから、比べないとしょうがない!
  Surface Pro 2 256GB Surface Pro 2 128GB QH55/M 128GB
(直販モデルWQ1/Mで検討)
QH55/M 64GB
(直販モデルWQ1/Mで検討)
価格 129,800円 99,800円
(Amazon 95,300円)
93,820円
(クーポン+ミニマムサポート)
75,820円
(クーポン+ミニマムサポート)
CPU Core i5-4200U(Haswell 1.6GHz) Core i5-4200U(Haswell 1.6GHz) Intel Atom Z3770
(Bay Trail-T 1.46GHz)
Intel Atom Z3770
(Bay Trail-T 1.46GHz)
メモリ 8GB 4GB 4GB 4GB
ストレージ 256GB 128GB 128GB(eMMC) 64GB(eMMC)
画面解像度 1920×1080 1920×1080 2560×1600 2560×1600
本体サイズ 275 x 173 x 13.5 mm 275 x 173 x 13.5 mm 267 x 180.8 x 9.9mm 267 x 180.8 x 9.9mm
本体重量 約907g 約907g 約650g 約650g
稼働時間 最長10時間駆動(?) 最長10時間駆動(?) 約15.5時間 約15.5時間
インタフェース microSDXC、USB3.0、MiniDisplayPort microSDXC、USB3.0、MiniDisplayPort microSDXC、USB3.0×1、USB2.0(micro-AB)×1 microSDXC、USB3.0×1、USB2.0(micro-AB)×1
デジタイザ Wacom 1024段階筆圧 Wacom 1024段階筆圧 Wacom 1024段階筆圧 Wacom 1024段階筆圧
Office Office Home and Business 2013 Office Home and Business 2013 直販モデルなので無し 直販モデルなので無し
その他 キックスタンド、カバーキーボード キックスタンド、カバーキーボード 防水、指紋認証 防水、指紋認証
QH55/Mがあまりにも攻めすぎている。なにその解像度。おかしいでしょ?なんで上位モデルと思われるQH77/Mより解像度高いのか。
ここで解像度がフルHD止まりであれば「性能面ではSurface Proが上だよね~」ってことになってたのですが…。
ここ、何日も「こりゃ、QH55/Mで決まりだな」「あれ?違うぞ!Surface Pro 2 256GBだな」「いやいや、128GBモデルか…」とかグルグルしまくってます。
これはこれで楽しいんですが…。最初のリミットは、QH55/M直販モデルの割引期限の11/13ですね…。
Surface 2とSurface Pro 2発売–法人向けは11月1日から
Surface Pro 2は、法人モデルなら、Office無しで、64GBストレージなのですが、54800円で売ってるんですよね(ほんまかいな?)。これふつうに売ってほしい。
だけど、そしたらほんとに、他のメーカーをつぶしちゃうことになりそうだもんなあ。

コメント投稿は締め切りました。