GPD WIN : 文字が小さくてつらい!

このサイズにWindowsなもので、標準の文字サイズだと小さくてかなりつらいです。

screen_001

ぐおお、つらい!

しかし!Windows 10 ならスケーリング機能で、文字サイズの調整ができるはず!ディスプレイのカスタマイズ設定を開くと…

screen_003

なんで設定がグレーアウトされているのさ…。変更できない…。

スライダーでは変更できないようなので、詳細を開きます。

screen_004

「テキストやその他の項目サイズ調整」から

screen_005

「カスタムの拡大率を設定」のリンクに飛んで…。

screen_006

設定できる!150 % にします!

screen_007

いったん、再ログインが必要とのこと。再ログインすると…

screen_002

おお。でっかくなった!このサイズなら、使っていけそうな気がする!

screen_001

元はこれですからね。

ちなみに、150 % 状態でディスプレイのカスタマイズを開くと

screen_008

無効にする設定が出てきます。


しかしながら、この方法で150 % 拡大をしていると、問題点が…。

例えばこれ、ディスクイメージをマウントするための DAEMON Tools Lite ですが、Windowの下の方が見えない!

screen_009

解決策として、本体を回転して縦画面にすると…

screen_010

下部分が見えた!

ちょっとつらいですねこれは…。JoyToKeyの設定画面も、150% 状態だと下部分が見えなくて、どうしようもなくなります。なにか良い方法があればいいのですが。


この方式で拡大していると、全画面表示するようなアプリだと、うまいこと全画面に表示してくれないですね。

PC-9801 エミュレータ「Neko Project II」での全画面モードもこんな感じ。

100%表示。バッチリ!
gpd_dos_01

150%表示。アレレー。
gpd_dos_02





同じに見えますが、OverLay Plus / OverLay Brilliant / OverLay Magic / OverLay Eye Protector です。

コメント投稿は締め切りました。