スリープからの復活が安定したかもしれない。(かもしれないエントリ)

注意!「かもしれないエントリ」です!

Surface Pro 2の弱点!として「スリープからの復帰が不安定」と書いていたのですが、ここ数日、ものすごく安定しています。ふつうに復帰します。もしかして安定した?(かもしれない)

実は、一つ行ったことがあります。それは、OSの設定で、更新プログラムを自動的にインストールしなくしたのです。

イベントログを見ていると、スリープ中に何らかのOS更新がかかった場合、その後のスリープ復帰に失敗しているような…そんな気がしたのです。

とはいっても、実際に行われていた更新は、Windows Defenderの定義更新やら、郵便番号辞書更新やら、OS機能アップデートというわけではないので、ほんとかどうかわかんないですが。

sleep1

変更の方法です。
「チャーム → 設定 → PC設定の変更 →  保守と管理 → WindowsUpdate → 更新プログラムのインストール方法を選択する」

「更新プログラムをダウンロードし、インストールを行うかは自分で選ぶ」を選択して適用。

sleep2

この設定にすると、ときどき、自分で明示的にインストール作業を行う必要があります。さきほどの「保守と管理 → WindowsUpdate」から「インストール」です。

それと、アクションセンターが「自動インストールにしてないけどいいの?」って時々言ってきます。僕はWindowsUpdate自動インストール警告の通知はOFFにしました。そこはお好みで。

さあ、これでスリープからの復帰が安定した!(かもしれない)

復帰の時の注意ですが、一瞬(というにはちょっと長い間)、無線LANが切れるみたいです。僕は念のため、無線LAN復活を待ってからロック解除するようにしてます。(このほうが安定するかもしれない)

(2013/11/29追加)やっぱり勘違いだったかもしれない・・・。

(2013/12/01追記)
「更新プログラムをダウンロードし、インストールを行うかは自分で選ぶ」
→「更新プログラムをチェックし、ダウンロードとインストールを行うかは自分で選ぶ」のほうがいいかも。しばらくこれで運用してみます。ここ数日はこれで安定。

コメント投稿は締め切りました。