[Visual Studio] Surface Pro 2に開発環境を作ろう!

Windowsならではの開発環境、Visual Studioを入れたいと思います。現時点での最新バージョンでは2013です。

Microsoft サイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/

ダウンロードサイト
http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads

製品としてVisual Stuidio 2013と、Visual Studio Express 2013があります。

一番大きな違いは、Visual Stuidio 2013 = 有償(数万円)、Visual Studio Express 2013 = 登録すれば無償、ですね。
結局自分が何を選べばいいのか、有償版と比べてExpressは何ができないのか、よくわからないです。違いがまとめられているページがあればいいのですが。
アドオン機能有無、ソースコード管理有無、リファクタリング機能有無、リモートデバッグ有無などですかね。

さらにVisual Stuidio 2013の中には、さらにバージョンわけ(Ultimate/Premium/Professional)があり、さらにややこしいです。
お値段こちら。

http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/Oct13/VisualStudio_2013.aspx

Professional ¥59,800
Professional with MSDN ¥143,000
Premium with MSDN ¥729,000
Ultimate with MSDN ¥1,590,000

一番安い、MSDN無し版Professionalが¥59,800。上位版はすべてMSDNセット。

こりゃ、Surface Pro 2が、何台買えるのか、という感じになっております。
個人の趣味開発なら、Express使っとけばいいよ、というマイクロソフトからのメッセージだと受け取りました。

Visual Studio Express は、作りたいものに合わせて別製品になっています。

Visual Studio Express 2013 for Web Webアプリの作成
Visual Studio Express 2013 for Windows Windows ストアアプリの作成
Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop Windows デスクトップアプリの作成
Visual Studio Team Foundation Server Express 2013 ソースコード管理、チームでの作業
Visual Studio Express 2012 for Windows Phone Windows Phoneアプリの作成

Windowsアプリを作るのであれば、for Windows(ストアアプリ)か for Desktop(デスクトップアプリ)の目的に合ったほうがあればいいですね。for Webも少々気になりますね…。

for Windows Phoneだけが2012なのが、マイクロソフトのWindows Phoneへの対応がわかるということかもしれません。まあ、いまのところはタブレットに全力投球ですね。

 

コメント投稿は締め切りました。