M5Stack:MZ-700 エミュレータ!

M5Stack MZ-80Cエミュレータの移植元、Oh!石さんの「mz80rpi」では対応外となっていたMZ-700の処理を、まるくんさんの「MZ700WIN」ソースから再移植しました。

追加したのは、以下の処理です。
・メモリバンク切り替え処理
・カラー表示処理
・拡張フォント(ひらがな&英小文字)対応処理

紅茶羊羹さんのサイトのメモリマップにとても助けられました。

MZ-700/1500 I/Oマップ
http://www.maroon.dti.ne.jp/youkan/mz700/mzioframe.html


ということで、できました!

M5Stack FIRE用 MZ-700エミュレータ「M5Z-700」
PSRAM搭載の M5Stack FIRE でのみ動作します。M5Stack / M5Stack Gray / M5GO では動作しません。

カラー!

ひらがな!

 

PCGもOK!

アイドルも!

伝説のTinyXEVIOUS!

すばらしー。

(とはいえ、シリアルコンソール経由の操作になるので、ゲーム自体の操作ができない部分は多いです)


ソースはこちらです。

M5Z-700
https://github.com/shikarunochi/m5z80/tree/master/m5z700

モニタROMの種類によって、MZ-80CモードとMZ-700モードに自動切り替えになるようにしています。

プロジェクト名はm5z-80 のままでもよかったのですが、これはこれでひとまずそのまま置いておきたかったので、新しく作成しました。m5z-700 が問題なく動作するようであれば、そっちに統合していく予定です。


MZ-700も、レゴブロックで筐体を作ってみました。MZ-80C の時は、M5Stackを10インチモニタ相当として作ったのですが、今回は14インチテレビのイメージで!

おお!結構いい雰囲気が出てる!M5Stack FIREが赤い本体のテレビに見えて、なんとも昭和感あります!

前に作ったMZ-80Cと比べるとスケールが全然違うのでした。


(「こんにちはマイコン」はPC-6001ですけども)


それではみなさま、良きMZ-700ライフを!



このエミュレータが実行可能なのは、2018/11/03 時点では M5Stack FIRE のみです!


Amazonリンク貼りつつ、なんですけど、海外からの通販に抵抗が無い場合は、本家M5Stack の AliExpress で購入してみるのもいいかと思います。販売されている商品の種類も多くて、価格も少し安めです。ただし、到着まで半月~1ヶ月ぐらいかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。