Pebble Time : 使用2か月のまとめ

KickstarterでPebble Timeを手に入れてから2か月とすこし。毎日使っています。使い方がだいぶ固まってきたので、使ってるアプリなどまとめておきたいと思います。

日本語化は FirmMaker Club で行いました。フォントはMiguフォントです。


朝はAlarmで起床。

alarm_1
朝はPebble Time標準機能のアラームを目覚ましにしています。(睡眠時に充電が必要なタイプのスマートフォンには不可能な使い方です!)

アラームの設定は「1回だけ」「平日のみ」「週末のみ」「毎日」「曜日個別設定」が可能です。

alarm_2 alarm_3
1回のみ設定の時、アラーム終了後に、アラーム設定が「削除」されるのではなくて「無効」になるだけ、っていうのがなにげに便利。

ちょくちょく変更するので、Quick Lunch で上ボタン長押しに設定しています。


Alarmで起きたら、TimeLineで今日の予定と天気の確認。

標準のCalenderアプリと、標準のWeatherアプリの機能です。右側下ボタンでタイムライン表示。

calender

予定選択で、詳細表示です。

calender_2 calender_3

Googleカレンダー連動してるので、PCやスマートフォンから入力しておくと、パッと同期されます。タイトルと時間だけでなくて、場所や詳細メモに入力した内容も見れるのが良いです。

天気予報は、日の出時と日の入り時のものが表示されます。(起きたときはすでに日の出時は見れないので夕方の予報を確認。)

こちらも選択で詳細表示可能。

weather_1 weather_2

ちなみに「□」になっているのは「℃」です。この文字はファームウェアに埋め込まれていて、フォントパック追加だけでは表示されないらしい…。


Feed the Timeline でニュースヘッドラインチェック

過去のタイムライン(右側上ボタン)に、ニュースヘッドラインを表示させています。
Feed the Timeline というアプリです。

最初にスマートフォン側でサインアップ&フィード元の選択。

feedtimeline_0

英語のフィード元が多いですが、NHN日本語ニュースもあります。
こちらの方の依頼で実現しました!)

feedtimeline_sp

設定してしばらくしたら、過去タイムラインにPINが出ていると思います。詳細表示でヘッドライン程度の長さなら、全文読めますね。

feedtimeline_1 feedtimeline_2

過去タイムラインをどう活用するか難しいところだったのですが、ニュース表示は良いアイデアだと思いました。

もしかすると、Pebble社としても、最初は過去タイムラインに通知履歴を表示する予定だったのかもしれないですね。


LINEメッセージが届いたらPebble Timeから返信

こちらで書いた機能です。→ Pebble Time : メッセージ通知&返信

AndroidアプリVer3.3.0で、Notificationsの履歴一覧からも返信が可能になりました!すばらしい。
メッセージ表示で、右側に黒いマーク付いている場合のみ返信可能です。各宛先ごとに、届いた後に1回だけ返信できるみたい。(同じ人から連続で複数メッセージを受け取った場合でも、返信できるのは1回のみ。)

reply_1 reply_2


Timerで時間バッチリ!

Pebble が提供しているアプリ、Timerが便利です。

timer

タイマー時間を指定。セット時に了時刻も表示してくれます。わかりやすい。

timer_2 timer_3

タイマースタート。タイマー画面は、泡がブクブク上がっていくアニメーション。タイマーは複数個設定可能で、一覧画面でもそれぞれの状況が確認できます。

timer_4

タイムライン上にも終了予定が出てきます。

timer_5

時間だ!




コメント投稿は締め切りました。