S Viewカバーをもっと活用したい

GALAXY Note 3 の S Viewカバー、かつての携帯電話のサブディスプレイみたいで、とても気に入ってるんですが、できることが決まってて、機能追加できないんですよね。

通常の表示がこれ。

20141214_sview_01

天気予報/歩数計/現在日付時刻が出てます。

下の部分をスライドすると…

20141214_sview_02

他の機能が出てきます。

カメラ起動(S Viewの枠で四角く撮影できる)、アクションメモ(S Viewの枠でメモできる)、ミュージックプレイヤーのコントローラ。です。

ミュージックプレイヤーは、GALAXY Note 3 標準のプレイヤーに対応してます。他のプレイヤーだと曲名など表示してくれないし、コントロールもできないです。

あとは、上に出ている通知アイコンで、メール着信など確認することができます。

もうちょっと、いろいろ使いたいじゃないですか。フタ閉じたままで動画見たり、地図見たり…。でも、現状だと、フタを閉じたら自動的にこの画面になってしまって、拡張性は無いのですよね…。

簡単に機能ON/OFFできればいいのですけれど、S Viewカバーを付けると、この機能は必ずONになって、設定から切替できないようです。


僕の使っているS View カバーは、安価なニセモノのやつなので、不具合もあります。磁石が強すぎて、カバーをひっくり返した状態にすると、誤反応してS View画面になってしまうのですよ…。思いもよらないところで画面が変わってしまったりして、なにげにストレス。

それともう一つ、端末本体再起動すると、認識されなくなってしまうようです。認識させるには、一度カバーを外して付け直す必要があります。

あれ?認識されていないということは…フタを閉じてもアプリの画面を出したままにできる!じゃないですか!


とはいえ、せっかくの S View カバーなので、やっぱフタ閉じたときには、自動的に時計表示にしたい。さらに、その機能を簡単にON/OFFするには…。

そういうアプリがありました!

S View Plus 1.49
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

このアプリ、明るさセンサーを使って、フタが閉じたことを検出、S Viewっぽい画面を出してくれます!S Viewコントロールチップ非搭載の穴あきカバーで使うことを想定しているようです。しかも、簡単に機能ON/OFFが可能なんですよこれ!

20141214_sview_03

こんな感じになります。結構、標準 S Viewとは違ってますね。下部には、広告バナー出てます。(カバーで隠れちゃう部分ですけど。)
日付の日本語表示部分が、「月」だけ表示されるのが微妙ですね。出すなら「x月y日」にしてほしかった。

背景も自由に変更できます。

20141214_sview_04

かなりイメージ変わりますね。

20141214_sview_07

これが

20141214_sview_08

こう。


 

表示されている音楽プレイヤーのコントローラは、標準S Viewと同じく、標準ミュージックプレイヤーのみ対応です。

他のミュージックプレイヤーで音楽を聴いた時は、曲名が表示されました。コントロールはできないですが。

20141214_sview_05

通常の通知領域に表示されるのと同じ内容を、S View画面に表示することができるようです。

20141214_sview_06

どの通知を表示するかはアプリごとに選択可能です。


標準 S View と比べて、表示ができないものもありますね。天気予報/歩数は出せないです。

でも、このアプリは、設定画面から簡単に機能をOFFにすることができます。機能OFFにすると、フタを閉じても、通常のアプリ画面のままなんですよ。

20141214_sview_14

ということで、フタを閉じたままの

20141214_sview_09

動画再生とか

20141214_sview_10

地図表示とかが可能に!

S Viewカバーのプラスチックシート越しなので、操作がやりにくいかと思いましたが、わりと大丈夫の範囲でした!(→下に追記あり)

20141214_sview_11

マルチ画面分割機能で、画面上部だけのアプリにしておくと良いです。このためにあるんじゃなかろうかと思えるぐらいにピッタリ来る機能ですね。


あとは気になるのは、これ常用して電池もちがどれぐらい変わるのか、ですね。それはしばらく使ってみて確認してみます。


(一日使ってみて追記)

画面上部のセンサーを使ってフタが閉じたかどうか判定してるので、センサーのとこを手で持ってしまうと動作しちゃいますね。しょうがないけど。

動作までのディレイ設定ができるので、長めにしておくと少々誤爆が減るかもしれないです。

20141214_sview_15

(1週間使って追記)

>S Viewカバーのプラスチックシート越しなので、
>操作がやりにくいかと思いましたが、
>わりと大丈夫の範囲でした!

と書いてたのですが、いつのまにか、操作ができなくなってました。
もしかすると、以前に確認したときには、S Viewカバーが中途半端に認識されていて、カバーを閉じたときには自動的に感度UP状態に切り替わっていたのかもしれません。

フタを閉じた状態で操作しないなら、まあ、それでもかまわないですが、そうもいかないので、設定で高感度タッチ操作をONに。

20141222_sview_16

これで、カバー越しの操作可能になりました。いまのとこ、これで特に問題なしです。

(さらに追記)

高感度タッチONにしてると、透明じゃないカバー下の部分でもタッチ拾われてしまいますね。

20141214_sview_04

S View表示中に、下の方の、広告にあたる部分をタッチすると、広告が起動してしまいます。気を付けるしかないか…。

コメント投稿は締め切りました。