M5Stack:Common Source Code Project

TAKEDA, toshiyaさんの作られているエミュレータ群がとても気になっていました。国産マシンの網羅を目指し、続々とエミュレータが公開されています。

TAKEDA, toshiya’s HOME PAGE
http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/

これがもし、M5Stackで動作できたなら、数十種類のエミュレータの移植ができるのでは…!
でも、ソースはWindowsに特化されてて、他の環境で動作させるのは難しいのだろう…と、勝手に思ってあきらめていました。

そんなとき、偶然、Androidに移植されている方のページにたどり着きました。見てみると、元ソースへの大きな変更なしで移植できている!すごい!

tanamの日記:Qt 4.8 和製MESS その1
https://tms9918.hatenablog.com/entry/2013/05/19/233702

移植時の日記を順に読んでいって、少しずつ理解を進めていきました。ソースは、エミュレータGUI部分、ハードウェアエミュレート部分、各機種固有の部分でキレイに分割されていて、対応機種の追加が行いやすい作りになってます。
エミュレート処理の部分は移植性が高く、Windows以外の環境でもほぼそのままコンパイル可能!Windows依存の部分は隔離されていて、ここだけ入れ替えれば、他の環境にも比較的簡単に移植できるっぽい…!

これは!やってみるしかないですね!


ということで、たなむさんの情報を頼りにしつつ、M5Stack(Arduino)へと移植開始しました。たなむさんの移植順にあわせて、まずはSC-3000から。移植元は、Common Source Code Project  2/19/2019-2版です。

できた!

次は、ハードウェア構成がほぼSC-3000と同じのMSX!

ワオー!

日本語ベーシック搭載の16ビット、特異な存在、ぴゅう太!

CPUロジックを追加して、いけました!

さらに、いつの日か実現したかったM5Stack で SORD M5!

いけました!

移植内容の詳細については、後日また書きます!


エミュレータ作者の武田さんから、GPLv2で公開すれば問題ないとの連絡いただきましたので、ソース公開します!

Common Source Code Project for M5Stack FIRE
https://github.com/shikarunochi/CommonSourceCodeProjectM5Stack



このエミュレータが実行可能なのは、2019/03/20 時点では M5Stack FIRE のみです!


Amazonリンク貼りつつ、なんですけど、海外からの通販に抵抗が無い場合は、本家M5Stack の AliExpress で購入してみるのもいいかと思います。販売されている商品の種類も多くて、価格も少し安めです。ただし、到着まで半月~1ヶ月ぐらいかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。