Pebble 開発チュートリアル(3-1):Webからの情報取得

それでは、PebbleKit JSの利用チュートリアル行きましょう!

最初に上のチュートリアルページ開いたとき、「CloudPebble」か「SDK」どっち使ってるか聞かれますので適切な方を選んでください。僕は「CloudPebble」です。


前回までのチュートリアルで、時計の簡単なWatchfaceなら作れるようになりました!テキストレイヤーを追加して日付出してみるとか、もう楽勝ですよね!ということで、さらに次の段階へ行きましょう。

今回のチュートリアルでは、やることがかなり多く、ゴールは遠いようです。

「チュートリアルを始める前に、お好みの暖かいお飲み物をお手元にご用意ください!」とのことです!


このチュートリアルでは、これまで作ってきたWatchfaceに、さらに機能を追加します。PebbleKitJSを用いて、Webから情報を取得するのです!

チュートリアルが終わると、時計の画面はこんな風になります!

pebble6_04

おお!なんか情報が追加されている!これぞ「スマートウォッチ」って感じですね!


チュートリアル開始の前に、プロジェクト準備しましょう。前のプロジェクトの続きでもいいですし、新しく作ってもいいです。

もしくは、ここをクリックすると、準備完了のプロジェクトを作ってくれます。ただし、ここから作った場合には「SDK VERSION」が「SDK 2」に設定されていますので、カラー改造したい場合は「SETTING」からバージョンを「SDK 3」に変えてください。


Preparing the Watchface Layout

時計の画面に、現在の天気と気温を OpenWeatherMap から取得して表示します。

新しい情報を表示するためのTextLayerを用意しましょう。いつものように main.c ファイルの頭に定義追加です。

static TextLayer *s_time_layer;
static TextLayer *s_weather_layer;

そしてこれもいつものごとく、main_window_load() に
s_weather_layerの作成処理を書きましょう。

// Create temperature Layer
 s_weather_layer = text_layer_create(GRect(0, 130, 144, 25));
 text_layer_set_background_color(s_weather_layer, GColorClear);
 text_layer_set_text_color(s_weather_layer, GColorWhite);
 text_layer_set_text_alignment(s_weather_layer, GTextAlignmentCenter);
 text_layer_set_text(s_weather_layer, "Loading...");

表示内容はひとまず「Loading…」です。

「時刻表示」と「天気&温度表示」は、同じフォントを使いますが、サイズが違います。「天気&温度」のほうが小さいサイズですね。

これを行うために、アップロードしたフォントに、別のサイズを追加します。

「RESOURCES」で「perfect-dos-vga.ttf」のフォントを選んで「ANOTHER FONT」を選択します。

pebble6_01

すると、IDENTIFIERのセットが一つ追加されますので、名称を「FONT_PERFECT_DOS_20」に変更してセーブします。

pebble6_02

1つのフォントで2つのIDENTIFIERが選択できるようになりました。

pebble6_03

プログラムのほうにも、GFontをもうひとつ定義して、新しいフォントを追加しましょう。

static GFont s_time_font;
static GFont s_weather_font;

今回追加する新しいテキストレイヤー(s_weather_layer)に、新しいフォントをセットして、メインのWindowに追加します。

// Create second custom font, apply it and add to Window
 s_weather_font = fonts_load_custom_font(resource_get_handle(RESOURCE_ID_FONT_PERFECT_DOS_20));
 text_layer_set_font(s_weather_layer, s_weather_font);
 layer_add_child(window_get_root_layer(window), text_layer_get_layer(s_weather_layer));

最後に、これもまたいつものごとく、main_window_unloadでの削除を忘れずに。

// Destroy weather elements
 text_layer_destroy(s_weather_layer);
 fonts_unload_custom_font(s_weather_font);

ここまでで、2種類のサイズのフォントが出るようになりました。

pebble6_05

先はまだ長い…。



コメント投稿は締め切りました。