M5Stack:PC-8001エミュレータCardKB対応

MZ-700エミュレータに続いて、PC-8001エミュレータもCardKB対応しました。

PC-8001 emulator for M5Stack FIRE
https://github.com/shikarunochi/m5n80

「Symキー」による記号入力もキーボード表記通り可能です。PC-8001側の「GRPH」で入力する記号は今回は対応してません。

「ESCキー」が「STOPキー」になってます。「mon」でモニタに入った後に抜けるための「Ctrl+B」は「Fn+B」で入力可能です。(Ctrl系で割り当ててるのはCtrl+Bのみです。)

ジョイパッドも併用可能です。

ただ、ジョイパッドが接続されていることをジョイスティックのI2Cが読めるかどうかだけで判断してるので、ジョイスティック側だけ接続して、ボタン側を接続しないと、ボタンの信号が「LOW」になって、つまり押しっぱなし状態になってしまいます…。
一度「HIGH」検出するまではボタン無効にする、みたいな処理を入れといたほうがいいかもしれないですね。今回はそこまでやってないです。


M5Stack本体だけで「n80ファイル」が選択可能なファイラーも実装しました。Bボタン長押しで起動します。Bボタン長押し導入に合わせて、AボタンとBボタンの役割を入れ替えました。

Aボタン:PCGのON/OFF切り替え
Bボタン:設定してある「N80」ファイル読み込み
Bボタン長押し:「N80」ファイルファイラ―起動
Cボタン:Wi-Fi接続&Webサーバ起動のON/OFF切替


main.cppの「#define CARDKB_ADDR 0x5F」の値を変更すれば、M5Stack FACESのキーボードも使えるんじゃないかと思います。が、FACES持ってないので、実際の動作は確認できてないですー。



このエミュレータが実行可能なのは、2019/01/30 時点では M5Stack FIRE のみです!


Amazonリンク貼りつつ、なんですけど、海外からの通販に抵抗が無い場合は、本家M5Stack の AliExpress で購入してみるのもいいかと思います。販売されている商品の種類も多くて、価格も少し安めです。ただし、到着まで半月~1ヶ月ぐらいかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。